奥日光の水辺

07 Sep 奥日光の水辺

2011年3月の震災以来、初めて足を運ぶことになった奥日光。中禅寺湖の魚たちの様子について見聞きしつつ、久しぶりの湯川でドライフライによるフライフィッシングを楽しんできました。

日光と尾瀬の高地について

日光と尾瀬にまたがる国立公園は日本のフライフィッシングやアウトドアライフの歴史上、非常に重要な場所となっています。まだイギリスも日本も「帝国」であった時代から、丸沼、湯川、中禅寺湖は両国の著名な釣りキチたちの心を揺さぶり続けてきました。その中には、明治維新の立役者となったトーマス・グラバーや丸沼鱒釣会のお殿様や財界人の面々など、紳士たちが日々の喧騒を忘れて、釣りを楽しみにきていたのです。この話はまた別の機会に。